Sustainable Innovation Lab

イノベーションは、混沌の先にある。

デジタル化とグローバル化によって、
一見つながったように見える世界。
しかし実際は、過剰な競争の中で
合理化が推し進められ、格差と分断をもたらしています。
また、他者との比較にさらされる社会では、
豊かな個性を育む機会を持つことは難しく、
さまざまな社会課題が生まれています。
分断から共存へ、平準から多様性へ。
そんな新しい社会を、チームとなって包括的に
つくり出していくことがいま求められています。
そしてSDGsは、個性が躍動する社会の旗印として、
大きな変革の糸口となる可能性を秘めています。
Sustainable Innovation Labは、
対話と共存、そして実験と実装を軸としながら
まだ見ぬ社会を切り拓いていきます。
発明やイノベーションは、
異質なもの同士が掛け合わさる
混沌の先にこそあると信じて、
組織や地域が境界を超えて交わり合い、
ひとつに溶け合うほどの熱量で
ビジョンを具現化していきます。
目に見える成果だけでなく、
目に見えない過程の中にも
時代を超える価値が生まれる。
そんなプロジェクトになることを楽しみにしています。
混沌の先にある持続する社会を
ともにつくっていきましょう。

Sustainable Innovation Lab(SIL)は、Next Commons Labが大阪・関西万博とともに推進するイノベーションプラットフォームです。行政、企業、起業家などあらゆるセクターが交わり、それぞれの視点と知見を活かしあう協業を通じて、SDGsに包括的に取り組むプロジェクトを実験と実装を繰り返しながら展開していきます。万博が開催される2025年には、ここから生まれたアイデアと成果を世界に発信。さらにSDGsのゴールテープが待つ2030年、そしてその先につづく未来へと、まだ見ぬ社会をつくり出していきます。

Sustainable Innovation Labの最新の情報をお伝えします!